ページの先頭です

地域づくり団体からのお知らせ

[2020年6月2日]

やすらぎの里ましが丘推進委員会

やすらぎの里ましが丘推進委員会

平成13年9月に少子・高齢化が進行する当地区を活性化するために、立ち上げた活動母体であるが、具体的活動の中で荒廃する農地を利用し、他地域の人々との交流をとおして、地域を生き生きとさせようと言うことで取り組みを始めた。

活動内容

  • 茶摘体験フェスティバルや子ども農業体験、こんにゃくづくり講習会(他地域住民との交流)
  • ハス栽培やこんにゃく芋の栽培(遊休地や荒廃地の活用・生産意欲の拡大)

活動目的

さまざまなイベントを通して都市住民との交流を深めると共に、主農作物のお茶のPR活動をする中で地場産業の振興をはかる。また、新たな農作物の栽培を通して、荒廃地や遊休地の拡大を防ぐ為の取り組みを進める。

一言アピール

  • きて、みて、つくって!!
  • 豊かな自然と田舎のぬくもりの中で手作り体験を。

問い合わせ先

更井 吉則


NPO法人ならチャレンジド

NPO法人ならチャレンジド

「奈良県手をつなぐ親の会」との出会いから、障害者の社会参加の大切さを感じ、障害者の就労支援、社会参加の活動を行う町内外の住民が集まり、当法人を設立。障害者の自立の促進、住民の障害者への理解と支援の輪を広げる活動を進めている。

活動内容

  • 社会参加の推進(特別支援学校生徒等のイベント受付・運営補助・出演等)
  • 職場実習の実施(特別支援学校生徒等の実習)
  • 生活相談(生活・教育・就労等について一緒に考えます)

活動目的

住民と障害者の交流をはかることにより、障害者の社会参加をすすめ、同時に障害者の生活・就労を支援して行くものであり、こうした事業をとおして、町民相互が支えあい、理解しあい、安心して暮らせるまちづくりを実現させるものである。

一言アピール

“出会い”を求めて!交流から友情へ
まずは、顔と顔をあわせることから始めましょう。
障害者の生活・教育・就労について、一緒になって考えていきます。

問い合わせ先

理事長 赤川義之


あらかしホールクラシック音楽祭実行委員会

あらかしホールクラシック音楽祭実行委員会

「吉野郡にクラシック音楽を…」を合言葉に、クラシック音楽をもっと多くの方々に聞いていただきたい。知っていただきたい。生(ライブ)の音を体感してほしい。
そんな思いで2010年に発足。

活動内容

  • 2011年より毎年、大淀町文化会館あらかしホールにおいて「あらかしホールクラシック音楽祭」を開催、企画運営している。
  • 大淀町出身の音楽家(音楽祭代表:山本正三)を中心に、ボランティア活動として音楽祭やプチコンサートを開催している。
  • 「第九」に限らず、さまざまな合唱、あらゆるクラシック音楽を企画します。

活動目的

大淀町の文化的な魅力づくり、まちづくりのため、あらかしホールからクラシック音楽を発信し、「和」の舞台文化だけでなく「洋」の舞台文化も周知し融合すること。
また、子どもたちに生のクラシック音楽を体験してもらう事も目的です。

一言アピール

ヨーロッパの音楽をお届けするのはもちろんですが、今忘れ去られようとしている日本の歌もお届けします。

問い合わせ先

事務局 勝 桂子

  • 電話・ファックス 0747-52-5783
  • 携帯 090-8573-6168

 

大淀町人権のまちづくり運動推進協議会

本協議会は1972年(昭和47)に、あらゆる差別の撤廃と真に人権が確立した地域づくり・まちづくりを目的に住民運動団体として結成。
本協議会を結成し39年になるが、設立時の活動目的を軸に、先人の取組みを継承し、一人ひとりのつながりを深め、お互いに大切にしあい、”人をおもう”ということを理念に人権のまちづくりをめざした活動を進めている。

活動内容

住民運動団体としての活動

  • 人権学習会の開催・人権にかかわる学習会への参加
  • 差別をなくす学習から、差別をなくす行動へ(学習→行動)
  • 「運動・教育・啓発」の役割分担と三者の連携
  • 人権フェスティバルの開催

活動目的

あらゆる差別の撤廃と真に人権が確立した地域・社会の創造をめざす。
一人ひとりが自分自身を大切にし、かつ、一人ひとりがお互いの人権を尊重しあう「人権のまちづくり」をめざし、住民の人権意識・人権感覚の高揚と、ともに支えあえる共同体社会の実現を目的に活動を推し進める。

一言アピール

  • かけがえのない、大切な自分
  • ともに認めあい、支えあう、家庭・職場・地域
  • あらゆる差別を許さない地域社会

問い合わせ先

事務局 大淀町教育委員会 社会教育課内

  • 電話 0747-52-5549

 

大淀町文化財調査会(大淀町文化連盟に所属)

大淀町文化財調査会

本会は、大淀町文化連盟に所属し、文化財に理解と愛着を深め、その保存と活用にかかわる活動を通じて、大淀町のまちづくりに貢献することを目的とする団体である。

活動内容

文化財の巡視および管理・調査・研究・学習
および本組織の目的にかなう活動

活動目的

  • 文化財見学道の整備
  • 文化財周辺の草刈りその他
  • 古墳およびあらゆる文化財の整備
  • 学習面では古文書講座開講(一般参加も可)

一言アピール

本会が益々の発展を遂げる為、老若男女を問わず入会をお願いする次第です。

問い合わせ先

代表 迎居 茂實

事務局 大淀町教育委員会 文化振興課内

  • 電話 0747-54-2110

 

なら・おおよどおもちゃ病院

なら・おおよどおもちゃ病院

かつて奈良県にはおもちゃ病院は一軒もありませんでした。当院は平成21年に開院し、子どもからお年寄りまで幅広いコミュニケーションの場であり、知識や知恵を出し合い世代を越えて喜びを与えあう楽しい生涯学習の場です。
年齢は60才代が中心で毎回どんなおもちゃが来るのかわくわくします。
治す楽しみに加え、治った時の子どもの笑顔を見るのが最高の報酬です。

活動内容

  • 毎月第3土曜日午後 大淀町立児童センターで定例開院
  • 他のおもちゃ病院や出張開院に参加し技術を磨く

活動目的

ボランティアとして

  • こわれたおもちゃを子どもたちの目の前で治して見せる
  • おもちゃの修理を通じて子どもたちとふれあう
  • おもちゃに新しい命を与え、物を大切にする心を伝えていく

一言アピール

子どもたちを笑顔にしてみませんか!
随時ドクター募集しております。

問い合わせ先

代表 鈴木 秀夫


梨の花プロジェクト委員会

地域の特産品である梨の「花」をテーマに地域振興を図る。梨の花の開花時期に県下のものづくり作家による手作りフェアとのコラボで集客を図るとともに、梨の花への関心を高めることをめざして「梨の花マルシェ」開催に取り組む団体である。

活動内容

梨の開花時期に合わせたイベント「梨の花マルシェ」開催を中心に、梨の花の育成と販売の研究・定期ワークショップの開催を予定。

活動目的

「梨の花マルシェ」というイベントによって、梨の花期に都市生活者を惹きつけ、花のブランド力を高めるとともに、地域振興に寄与する。また、定期的なワークショップの開催により人と人とを結ぶ複合的な取り組みを進め、夢のある新しい観光プレゼンテーション構築に取り組む。

イベント情報【梨の花マルシェ】

こだわりのモノ作りとこだわりの食。うららかな春の一日を丘の風に吹かれながらゆっくりとお過ごしください。

開催日時

平成28年4月9日(土曜日) 午前10時~午後4時

※このイベントは終了しました。

場所

大淀町福神 福神中央公園 (近鉄福神駅から徒歩5分)

問い合わせ先

梨の花プロジェクト委員会 中元さん


さなて村づくりの会

さなて村づくりの会

「さなて村づくりの会」では楽しい村づくりをめざして活動しています。

活動内容

  • 蕎麦づくり
     蕎麦の植え付けから製粉、手打ちを行い本格的な蕎麦の味を楽しむ
  • 花づくり
     休耕田を利用して花を村の中いっぱいに咲かせる。(黄花コスモス7月・10月・菜の花4月)
  • 特産品の発掘と村づくりについて調査研究を行う

イベント情報【さなて蕎麦収穫祭】

「さなて蕎麦」の収穫祭は17回目を迎えることになりました。

栽培から製粉、そして蕎麦打ちまで、すべて自分たちで行っています。新蕎麦をご賞味ください。

開催日時

令和元年12月1日(日曜日)

  • 蕎麦打ち体験 午前9時~午前11時
  • 新蕎麦試食会 正午~午後2時頃

※このイベントは終了しました。

場所

大淀町佐名伝 佐名伝公民館(近鉄大阿太駅下車徒歩10分)

内容

  • 蕎麦打ち体験 (要予約・先着順)
     終了後、自分で打った蕎麦を味わっていただきます。
     ・募集人数 10組(10こね)限定 ※1こねは4人前です。
     ・参加費用 1組2,000円
     ・持ち物 エプロン・三角巾
  • 新蕎麦試食会 (予約不要・無くなり次第終了)
     ざる蕎麦を準備しています。
     ・参加費用 1人1食100円

問い合わせ先

さなて村づくりの会 代表 山口隆弘

  • 電話 0747-52-3897

 

 

 


地域づくり団体からのお知らせへの別ルート

ページの先頭へ戻る