ページの先頭です

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種について

[2022年4月1日]

平成25年6月14日、厚生労働省から「子宮頸がんワクチンの副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期予防接種を積極的に勧奨すべきでない」との勧告があり、積極的な接種勧奨は差し控えていましたが、令和3年11月26日積極的な接種勧奨の差し控えが解除されました。

令和4年度は中学1年(H21.4.2生~H22.4.1生)、高校1年(H18.4.2生~H19.4.1生)に相当する女性に個別通知を行います。(発送時期は令和4年6月ごろを予定しています。)

それ以外の学年で接種を希望する場合は、町保健センターまで問い合わせてください。

接種を希望する場合は、厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)を参考に効果と副反応を十分理解した上で接種してください。

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)キャッチアップ接種について

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨を差し控えている間に、定期接種の対象であった人については、公平な接種機会を確保する観点から、定期接種の対象年齢を超えて接種を可能とする対象者には令和4年6月ごろに個別通知をする予定です。

対象者

平成9年4月2日生まれ~平成18年4月1日生まれの女性で、過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない人

キャッチアップの接種期間

令和4年4月1日~令和7年3月31日までの3年間






HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る