ページの先頭です

新型コロナウイルスワクチンの接種済証の発行について

[2021年6月11日]

新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた人は、以下の書類により接種済であることを示すことができます。


(1) 接種券(クーポン券)の台紙に付属している『新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)』

(2) 医療従事者など、接種券付の予診票で接種を受けた人は『新型コロナワクチン接種記録書』


ただし、町が発行する接種済証が必要な人には、申請により発行します。なお、町に住民票がある人に限ります。

※海外渡航のために証明が必要な場合は、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行を申請してください。

申請方法

申請窓口

町保健センターへ、申請書と必要書類を提出し、窓口または郵送で申請してください。

必要書類

ア. 新型コロナウイルスワクチン接種済証申請書   

イ. 『新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)』 ※接種券(クーポン)を使用して接種を受けた人のみ

ウ. 『新型コロナワクチン接種記録書』 ※医療従事者などお持ちの人のみ

※イまたはウのどちらか1つ

エ. 身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証、保険証など)

オ. 委任状 ※本人以外が申請する場合のみ

カ.返信用封筒(郵送申請の人のみ・宛名を記入し、84円切手を貼ったもの)

※郵送申請の場合はイ~エは写しを送付してください。

発行

  • 上記のイまたはウの原本で接種を確認できた場合は、5日間程度で発行します。
  • 原本で接種を確認できない場合は、接種記録システムに接種歴が反映されるまで、発行に最大数か月かかる場合があります。
  • 発行は無料です。

新型コロナウイルスワクチンの接種済証の発行についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る