ページの先頭です

観光

[2017年3月15日]

はるかなる時間を感じ、いにしえの人々の心に触れられる数多くの文化財。いまだ知られざる古代ロマンを醸し出す古墳や遺跡群、豊かな自然と歴史文化が今もなお、息づいています。

町の特産品としては、吉野川の豊かな水資源と温暖な気候を利用して栽培されている大和茶・20世紀梨・ぶどうやしめじ、近隣の山から採れる質の高い陶土を使った大淀焼などがあります。

 

大淀町Premium観光ガイド~吉野の玄関口で、ワンランク上の旅を~

大淀町には、数多くの歴史、文化、新鮮味覚や癒し体験など新たなスポットがいろいろあります。

吉野の玄関口、大淀町ならではの魅力を、まるごと、じっくりお楽しみください。

 

大淀町観光案内パンフレット

大淀町散策ルートマップ

修験者、歌人、さまざまな旅人。古くから多くの人々が往来し、吉野の玄関口として栄えた大淀町。
ぶらりと散策できるエリアには、聖徳太子建立とされる寺院や猿楽にゆかりの深い神社など、数多くの歴史と文化が深く濃く息づいています。
鮎で知られる清流・吉野川、桜の名所・吉野山を望みながら、大淀町ならではの新しい発見の旅へ出かけてみませんか。

お好きなルートをクリックしてください。


また、奈良県のウォーキングポータルサイト「歩く・なら」(別ウインドウで開く)もご覧ください。

 

大淀町の歴史を歩いてみよう!

古くから交通の要衝として栄えた大淀町は、人と文化の交流の地でもありました。遠く古墳時代から続く人の営みは、町の歴史の彩りを色濃く焼きつけてきました。
いま、伝説のちにたたずんで、時の織り成す壮大なドラマにふたたび耳を傾けてみましょう。

 

道の駅「吉野路大淀iセンター」

地元で採れた新鮮野菜や特産品などを販売しています。
テーブルやイスなど吉野杉をふんだんに使ったレストランでは、季節ごとに旬の野菜を使い真心
込めたメニューを提供しています。
楽しいイベントも開催しておりますので、ぜひ一度お越しください。

道の駅「吉野路大淀iセンター」

・所在地
  奈良県吉野郡大淀町芦原536-1
・電話番号
  0747-54-5361

大淀町の特産物

大淀町の温暖な気候となだらかな丘陵地は果実栽培に適し、とくに梨は高い評価を受けています。梨栽培が大淀町で始まってから、百年近くが経とうとしています。病気に弱く、手のかかる二十世紀梨の栽培には苦労も多かったことでしょう。
まちが誇る特産物のひとつとなった今では、なだらかな丘陵地を埋める満開の花や、梨狩りを楽しむ人々の歓声は、季節ごとの風物詩として欠かせないものです。
また、付近の山から採れる質の高い陶土を焼き締め、しっとりと落ち着いた器肌に仕上げる大淀焼も高い評価を受けています。

 

記紀・万葉プロジェクト

平成24年で『古事記』が完成して1300年、さらに平成32年で『日本書紀』が完成して1300年という節目の年となるのを記念して、『古事記』『日本書紀』編纂の地・奈良県では、「記紀・万葉プロジェクト」として、記紀・万葉に関するさまざまな取り組みが行なわれます。

世尊寺や保久良古墳など、日本書紀にゆかりのある史跡を有する大淀町も、県とともにプロジェクトに取り組んでいます。

記紀・万葉プロジェクトのページはこちら(別ウインドウで開く)

プロジェクトの一環として制作された、日本書紀で奈良を楽しむPR映像「奈良まほろまん」も公開されています。

「奈良まほろまん」紹介ページはこちら(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

建設環境部まちづくり推進課

TEL: 0747-52-5501

FAX: 0747-52-4310

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る