ページの先頭です

新型コロナウイルスに対する大淀町の取り組み

[2020年7月30日]

新型コロナウイルスに関する町長メッセージ

新型コロナウイルス感染症については、奈良県における緊急事態宣言が解除されてから約2か月半が過ぎようとしていますが、いまだ予断を許さない状況です。県内においても感染を確認された方が多くなり不安をお持ちのことと思いますが、根拠のない不確かな情報に惑わされることなく、冷静な行動と思いやりを持った対応をお願いいたします。また感染された方々の人権尊重と、個人情報の保護に対しましてもご理解とご配慮をよろしくお願いいたしますとともに、罹患された方々の一日も早いご快復をお祈り申し上げます。

現在、本町におきましては、「地方創生臨時交付金」を活用したさまざまな新型コロナウイルス感染症対策事業を進めております。5月18日にはこの交付金を活用した補正予算措置を講じ、学校や保育所等での衛生確保、子育て世代への臨時給付金の支給、町内事業者への相談やサポート体制の強化およびテイクアウトやデリバリー商品のPRなどの事業を進めているところです。

さらに、国の第2次補正予算の成立により約264,000千円が臨時交付金として追加措置されたことに伴い、7月22日には206,633千円を追加予算措置(うち、地方創生臨時交付金充当額:154,138千円)したものです。

5月18日の補正予算に引き続き、学校や保育所、避難所、図書館、文化会館、健康づくりセンター、農産物直売所、コミュニティバス等における衛生確保を強化するとともに、地域経済の活性化のためのプレミアム商品券の発行事業、家庭における生活支援としてのゴミ袋の配布事業、売上が減少している事業者向けの給付金事業、動画配信やオンライン会議等への対応など、「感染対策」「町民の生活や事業の維持」「地域経済の回復」「新しい生活様式の確立」の4つの視点を基本に、特に急を要する事業を幅広に盛り込んだものとなっています。

今後は、速やかに残りの臨時交付金を活用した新型コロナウイルス対策事業を検討し、9月定例議会において追加補正予算の成立をめざしてまいります。コロナ禍においても、町民のみなさまの安心安全と、地域経済の活性化をめざした取り組みを進めてまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、引き続き町民のみなさまにおかれましては、気を緩めることなく、身体的距離の確保、手洗い、マスクの着用、三つの密を避けるなどの感染予防の徹底をお願いいたしますとともに、罹患された方や特定の職業の方、およびその家族への不当な差別などがないよう、正しい判断と行動をお願いいたします。


令和2年7月30日

大淀町新型コロナウイルス感染症対策本部長(大淀町長) 岡下守正


人権への配慮についてのお願い ~差別や偏見をなくすために~

新型コロナウイルス感染症が世界中に拡大し、緊急的な状況にあります。

そして、この新型ウイルスは命と健康を奪うだけでなく人の心をもむしばみ、社会では感染症への偏見や誹謗中傷が頻発し、虐待、いじめ、DV(ドメスティック・バイオレンス)が急増しています。感染症拡大と同時に罹患者や特定の職業に従事している人への差別や偏見など、人権侵害が深刻な問題です。立ち向かうべきは「ウイルス」に対してであり、決して「人」ではありません。罹患者や医療従事者、運送業、飲食店など特定の職業の人やその家族への差別や排除はあってはなりません。

今、一人ひとりの正しい意識や言動が問われています。不確かな情報やうわさに惑わされず、真実を見極め正しく判断し行動することが大切です。

不安な気持ちが広がるなかでこそ冷静にならなくてはなりません。支えあいと感謝の気持ちを忘れず、大切な“いのち”と人を守る行動につとめましょう。


新型コロナウイルスに対する大淀町の施策

新型コロナウイルス感染症への対応策に関する事業をとりまとめましたので、その概要を報告します。詳しくは、「新型コロナウイルスに対する大淀町の施策」のページをご覧ください。


大淀町新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について

町では、令和2年1月28日、県内で初の新型コロナウイルス感染症が確認されたことから、1月29日、今後の本町の対応を協議するため、新型コロナウイルス感染症対応会議を設置しました。

その後、国内で多数の新型コロナウイルス感染症が確認されていることから、なお一層の体制を強化し、迅速に対策を講じるため、令和2年2月28日、町長を本部長とする大淀町新型コロナウイルス感染症対策本部を設置いたしました。

情報集約および町民のみなさまへの提供や、感染の発生と拡大の防止に関する取り組みなど、町としての対策を総合的に推進しています。

なお、奈良県の主な対応につきましては、奈良県ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関する県の主な対応」(別ウインドウで開く)にてご確認ください。

問い合わせ先

大淀町新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(大淀町役場健康増進課)

電話 0747-52-9403


ご家庭でのマスク等の捨て方について

新型コロナウイルス感染症などの感染症対策として、マスク等を捨てる場合は、添付のチラシを参考にして、以下の点に注意しながら、可燃ごみとして処分してください。

  • ごみに直接触れない
  • ごみ袋はしっかりしばって封をする
  • ごみを捨てた後は手を洗う

問い合わせ先

大淀町役場 環境整備課

電話 0747-52-5548


新型コロナウイルスの水道水への影響について

現在、国内において新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されています。

町上下水道部では、水道法等の法令に基づき塩素消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム)を用いて適切に水道水を滅菌処理し、国が定める水道水質基準を満たした安全な水を供給しています。

安心して水道水をお使いください。

問い合わせ先

大淀町上下水道部

電話 0747-52-0137


幼稚園・小学校・中学校での対応について

新型コロナウイルス感染症の影響で学校・園の休業が続き、夏休みの期間を変更することになりました。保護者のみなさま方には、ご心配とご迷惑をおかけすることになりますがご協力をお願いします。

問い合わせ先

大淀町教育委員会 学務課

電話 0747-52-1522


小学校・中学校の休業中の学習支援について

休業中、家庭で学習するときのヒントにしたり、より学習を深めるときに役立ててください。

関連リンク

問い合わせ先

大淀町教育委員会 学務課

電話 0747-52-1522





ページの先頭へ戻る