ページの先頭です

地域づくり活動支援

[2018年4月2日]

大淀町人づくり・まちづくり助成金制度

町では、町民のみなさんが地域を元気にするための地域づくり活動や、地域の課題を解決するための活動などを行なっている団体・グループに対して、活動経費の一部を助成しています。「活動の内容を発展させたい。」「新たな活動を始めたい。」と思っている団体・グループのみなさんは、ぜひこの助成金をご活用ください。

助成対象団体

助成を受けることができる団体は以下の全ての条件を満たす団体とします。

  1. 町内に事務所または事務所機能を有すること
  2. 団体の活動範囲に大淀町が含まれること
  3. 10人以上で構成され、複数の町民を含むこと
  4. 規約、会則等で運営方法が決まっており、会員の資格の得喪に関して、不当な条件を付していないこと
  5. 宗教的、政治的および反社会的活動を目的としないこと

助成対象事業

次の1~4に掲げる事業で、公益性があり、かつ当該事業を通じ、当該団体と他の住民または他の地域との交流が生まれ、町全体への波及効果が期待できる事業とします。

  1. 郷土文化の保存・伝承・学術的な調査、研究および本町にふさわしい新しい文化を創造する活動・事業等
  2. 子どもの健全な育成を図る事業
  3. 地域づくり推進事業
  4. 地域の課題を地域住民が主となって解決しようとするための事業

事業区分

助成対象事業は、事業の性質により以下の区分に分かれます。

  1. 先進モデル事業
     事業の先進性や公益性の高さ、他の団体等への模範性などの点において優れている事業
  2. 一般事業
     先進モデル事業以外の事業

助成金の額

  1. 先進モデル事業
     助成対象となる経費の3分の2以内で、上限を20万円として助成します。
  2. 一般事業
     助成対象となる経費の2分の1以内で、上限を10万円として助成します。

※予算の範囲内での助成となります。

申請方法等

以下より申請書をダウンロードいただき、必要書類を添えてご提出ください。

※今年度より、必要書類の様式が一部変更となっています。審査を行なった後に助成を決定します。

なお、先進モデル事業の申請者には、書類提出に加えて助成金選考委員会にて事業内容の説明を行なっていただく場合があります。

申請受付期間

平成30年4月9日(月曜日)~5月11日(金曜日)

その他

この他についても大淀町人づくり・まちづくり助成金交付要綱により実施します。


平成29年度に助成制度を利用した活動のようす

梨の花プロジェクト事業の写真

「梨の花プロジェクト」事業

蕎麦づくり・花づくりで楽しい村づくり事業の写真

「蕎麦づくり・花づくりで楽しい村づくり」事業

 

大淀町 人づくり・まちづくり助成金交付申請書

※今年度より、必要書類の様式が一部変更となっています。

※先進モデル申請の人は、第4号については専用の様式を使用してください。

 

 

※先進モデル申請の人は、第14号については専用の様式を使用してください。

 

助成金請求時に必要な書類

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。
Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

ページの先頭へ戻る