ページの先頭です

熱中症を予防しましょう ~「新しい生活様式」の熱中症予防のポイント~

[2020年8月24日]

今年も、熱中症に気をつけましょう

8月に入り、記録的な高い気温や、熱中症で多くの人が搬送された等のニュースが報じられています。

また、今年は新型コロナウイルス感染症予防のため、

(1)身体的距離の確保

(2)マスクの着用

(3)手洗いや、3密(密集、密接、密閉)を避ける

等の新しい生活様式を求められています。

熱中症に気をつけてマスクを適切に使ったり、エアコンなどを使って温度調整しながら換気も心がけたりと、今年は熱中症予防も新しい対策が必要です。

まだしばらく続く暑い日々、感染症と熱中症の両方を予防し、元気に過ごしましょう。


熱中症とは

気温や湿度が高いために、体内に熱がたまったり脱水症状になったりして、重くなると生命にも関わる健康障害です。

熱中症の症状

  • 口の渇き
  • 大量の汗
  • 尿量の減少
  • こむらがえり・筋肉痛
  • 立ちくらみ・めまい
  • 高体温
  • 顔や皮膚が赤い
  • 脈が速い
  • 顔が青ざめる
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 汗が出ない
  • 意識がぼんやりする

特に、水を飲めない、意識が無い場合は、危険な状態です。直ちに救急車を要請しましょう!


「新しい生活様式」の熱中症予防のポイント

1.暑さを避けましょう

  • エアコンなどを使って、部屋の温度・湿度を適度に調整しましょう。
  • 複数の人がいる場合は、換気も心がけながらこまめに温度調整をしましょう。
  • 暑い日、時間帯は特に注意が必要です。

2.人との距離を十分とり、適宜マスクをはずしましょう

  • 気温、室温が高い中でのマスクの着用は要注意です。
  • 屋外で、人との距離を十分(2メートル以上)とれる場合はマスクを外しましょう。
  • マスクの着用中は、重い作業や運動を避け、人との距離をとった上で、マスクを外して休憩をいれましょう。

3.こまめに水分補給しましょう

  • マスクを着けていると、のどの渇きに気づきにくくなります。
  • のどが渇いたと感じる前に、こまめに水分をとりましょう。
  • 大量に汗をかいた時は、少量の塩分も。

4.日ごろから健康管理をしましょう

  • 日ごろから、体温測定など健康チェックを。
  • 体調が悪いと感じた時は、無理をせず仕事や学校を休み、受診、静養をしましょう。
  • 朝夕の気温が低めの時間に適度な運動をするなど、暑さに備えた体をつくりましょう。

5.特に注意が必要な人

  • 高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分注意しましょう。
  • 3密(密集・密接・密閉)を避けつつ、周囲の方から積極的な声かけをお願いします。

ページの先頭へ戻る