ページの先頭です

県域水道一体化の取り組みについて

[2022年11月22日]

 水道事業は、今後、水需要の減少等により給水収益が減少する一方で、施設や管路の老朽化に伴う更新費用が増加し、経営環境が厳しくなることが想定されます。

 これらの課題を解決する上で、水道事業等の統合が手段の一つになり得るものであると考えられることから、本町においては、奈良県が進める県域水道一体化などについて検討、協議を行っております。

 これまで、本町において作成し、町議会全員協議会で説明した資料を掲載します。

※ なお、資料は全員協議会において説明したものをそのまま掲載しており、記載されている数値などについては、その後の検討・協議により変更されているものもあります。ご了承ください。


水道事業の統合に関する覚書の締結および奈良県広域水道企業団設立準備協議会の発足

水道事業の統合に関する覚書の締結

 令和2年8月31日、令和2年12月1日、令和2年12月16日の3度の全員協議会および町議会での議員のみなさんからのご質問等に対する答弁を経て、令和3年1月25日に水道事業の統合に関する覚書を締結し、令和3年8月2日に奈良県広域水道企業団設立準備協議会が発足しました。


奈良県広域水道企業団設立準備協議会で検討、協議を行っています

第2回協議会

 令和4年2月17日に開催された第2回協議会では、一体化後の給水原価・供給単価の試算結果、方向性の検討状況について確認を行ないました。


第3回協議会

令和4年6月6日に開催の第3回協議会において、奈良市から掲示された論点について検討部会を設けることと、企業団設立後における経営方針の意思決定プロセス等の検討のための検討部会を立ち上げることについて確認しました。

第4回協議会

令和4年10月13日に開催された第4回協議会では、令和4年6月6日に設立された論点検討部会の報告と、今後の県域水道一体化の運営について確認しました。

大淀町議会県域水道一体化構想審査特別委員会の設置

 令和3年3月議会において、町議会として県域水道一体化構想について審査を行うことを目的として大淀町議会県域水道一体化構想審査特別委員会が設置されました。

 本町としては、奈良県広域水道企業団設立準備協議会において、検討、協議を行った内容を審査特別委員会において報告し、本町にとって県域水道一体化に参加することの是非を判断するために、議員のみなさまと議論を深めていきます。

 また、特別委員会の開催日は、町ホームページにおいて案内するほか、委員会当日は大淀あらかしテレビにおいて中継されるとともに、委員会を傍聴していただだくことも可能となっております。






お問い合わせ

上下水道部業務課

TEL: 0747-52-0137

FAX: 0747-52-0138

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

上下水道部業務課


県域水道一体化の取り組みについてへの別ルート

ページの先頭へ戻る