ページの先頭です

風水害のときはどうするの?

[2017年6月2日]

普段から気象情報を確認しましょう!

台風や大雨、暴風、落雷、洪水、土砂災害などが発生するような気象状況は、天気予報などで、ある程度事前に確認することができます。

ただし、近年ではゲリラ豪雨と呼ばれる突発的な集中豪雨などのように、予測不可能な場合もありますので、普段から気象情報を確認するようにしましょう。

 

気象・河川情報を示した画像

吉野川の洪水は?

台風等の大雨により、大淀町では過去にも浸水被害が発生しています。

近年では、上流域で大滝ダムが完成するなど、治水が進んだことにより、大規模な吉野川の氾濫は発生していませんが、今後も大雨のときなどには十分注意が必要です。

また、大雨などにより吉野川の水位が上昇した場合、奈良県から大淀町に「水位到達情報」が伝達されます。町ではこの情報などを基に、避難情報等の判断をします。

洪水予報の種類

  1. はん濫注意情報
    はん濫注意水位に到達し、さらに水位の上昇が見込まれる時
  2. はん濫警戒情報
    避難判断水位に到達し、さらに水位の上昇が見込まれる時、あるいは水位予測に基づきはん濫危険水位に達すると見込まれた時
  3. はん濫危険情報
    はん濫危険水位に到達した時
  4. はん濫発生情報
    はん濫が発生した時

 

洪水に関する河川情報を示した画像

土砂災害にも注意を!

大淀町のホームページでは、町内の地域ごとの土砂災害警戒ハザードマップを掲載しています。お住まいの地域の危険箇所などをあらかじめ確認し、大雨のときなどには、前ぶれ現象に注意し、早めの行動を心がけましょう。

また、夜間に大雨がすでに降り始めているときなど、状況によっては無理に移動しない方が安全な場合や、建物の2階以上への避難が適切な場合等もあるので、冷静に状況判断をしましょう。

 

土砂災害についての画像

お問い合わせ

総務部総務課 安全対策推進室

TEL: 0747-52-5501

FAX: 0747-52-4310

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

総務部総務課 安全対策推進室


風水害のときはどうするの?への別ルート

ページの先頭へ戻る