ページの先頭です

ハチに注意しましょう

[2017年8月23日]

ハチには、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチなどさまざまな種類があります。4月から6月までの最初の働きバチが羽化するまでの間は、女王バチ1匹で巣作りを行っている時期なので、その間に巣を発見できれば比較的安全で費用も安く駆除が行えます。なるべく春先(4月から6月)のうちに巣を作られやすい場所(「巣を作られやすい場所」参照)を点検しましょう。

多くのハチは、夏から秋にかけては、ハチの巣づくりが活発になる季節です。ハチは黒っぽいものや匂いに反応を示すため、巣の近くで作業をする場合やハイキングをする時は、黒っぽい服の着用や香水の使用をさけるようにしましょう。また、8月中旬から9月中は、スズメバチが新しい女王蜂を育てる期間であり、行動が活発化しますので注意しましょう。

 

巣を作られやすい場所

巣を作られやすい場所のイラスト

・天井裏・壁の中(スズメバチのみ)
・床下・戸袋の中(スズメバチのみ)
・垣根・植え込みの中
・木の洞の中(スズメバチのみ)

駆除の方法

町では、個人の所有地や管理地にあるハチの巣の駆除は行っておりません。直接、駆除業者(有料)に依頼するなどして、駆除してください。

 

駆除業者について

職業別電話帳に記載されている「ハチ駆除」のページで、ハチの駆除を行っている業者がありますので、そちらに依頼してください。もしくは、下記の業者に問い合わせてください。

  • 森本養蜂場 電話 0747-34-0135
  • 株式会社ケイメイ 電話 0744-23-7420
  • 有限会社信和消毒サービス 電話 0744-29-9200
  • 有限会社東洋テック 電話 0745-65-0669

※駆除業者によるスズメバチの営巣駆除処理された方に対して補助金を交付します。

 詳しくは、スズメバチ駆除費の補助制度についてのページをご覧ください。

 

自分でハチの駆除を行う場合

駆除する時間帯は、ハチが活発に動き回る日中を避け、夕方または早朝が適しています。巣にスプレー(ハチ駆除用)を噴射し、周りにハチがいなくなってから巣を取り除いてください。

特に、スズメバチに関しましては、駆除に危険が伴うため、駆除業者に依頼することをお勧めします。

巣の形

スズメバチ

スズメバチの巣の写真

・巣穴の出入り口が、下に一つ
・丸いボール状(作り始めは、トックリをさかさまにしたような形)
・マーブル模様

アシナガバチ

アシナガバチの巣の写真

・六角形の穴が多数
・半球
・白または灰色

ハチの飛ぶ姿

スズメバチ

スズメバチの飛ぶ姿の写真

・直線的
・すばやい
・腹部と胸部のくびれがはっきりしている

アシナガバチ

アシナガバチの飛ぶ姿の写真

・フラフラ
・ゆっくり
・腹部がゆるやかな砲弾状

お問い合わせ

建設環境部環境整備課

TEL: 0747-52-5501

FAX: 0747-52-4310

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ハチに注意しましょうへの別ルート

ページの先頭へ戻る