ページの先頭です

汲取り便槽や浄化槽をご利用中のみなさまへのお願い

[2015年3月23日]

最近、汲取り便槽から汲み取ったし尿や、浄化槽清掃で抜き取った汚泥に、タオルやオムツ、衣類、ビニール、油、残飯といったごみ等が混入していることがあります。それらが混入していると、処理施設の配管を詰まらせるなど、施設に悪影響を及ぼし、最悪の場合それが原因で処理ができなくなり、各家庭からの収集作業に支障が生じる可能性があります。

このようなことを防止するためにも次のことに十分注意してください。

  • タオルやオムツ、衣類、ビニールなどは、トイレに捨てたり、流したりせず、燃えるごみ等それぞれのごみの日に出してください。
    ※万が一、ごみを誤って流したり、落としたりした場合は、汲取り時に清掃業者にそのことを伝えてください。
  • 油や残飯は、排水口には絶対に流さず、油については市販の廃油処理剤などを使用するか、新聞紙などに染み込ませて、それらを燃えるごみで出してください。残飯については、きちんと水切りし、燃えるごみで出してください。

お問い合わせ

建設環境部環境整備課

TEL: 0747-52-5501

FAX: 0747-52-4310

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


汲取り便槽や浄化槽をご利用中のみなさまへのお願いへの別ルート

ページの先頭へ戻る