ページの先頭です

児童を対象に支給される手当(児童扶養手当)

[2017年5月18日]

父母の離婚などで、父または母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立を助け、児童が心身ともに健やかに成長できることを目的としています。両親がいても重度の障がいがある場合にも支給されます。ただし公的年金を受給している方は該当しません。

※本人、扶養義務者に対する所得制限があります。

児童扶養手当の支給

対象者

次のいずれかの条件にあてはまる児童を監護している母や、児童を監護しつつ生計を同じくする父、または母(父)にかわってその児童を養育している方

  • 父母が婚姻解消した児童
  • 父(母)が死亡した児童
  • 父(母)が一定の障がいの状態にある児童
  • 父(母)の生死が明らかでない児童
  • 父(母)から一年以上遺棄されている児童
  • 婚姻によらいないで生まれた児童
  • 父母ともに不明である児童

申請に必要なもの

  • 印鑑、請求者名義の預金通帳、戸籍謄本、住民票謄本
  • 他の市区町村から転入してきたかたでその年の1月1日に住所がなかった方は、所得証明書
  • 別居監護をされている方は、別居監護申立書と家族全員の住民票

なお上記以外にも必要に応じて提出する書類がありますので、詳しくは、町役場福祉課まで問い合わせてください。

すでに手当てを受けている人について

手当てを受けている人は現況届は期日までに必ず提出してください。

現況届は各手当を引き続き受ける要件があるかどうかを確認するためのものです。
この届の提出がないと手当が受けられなくなりますのでご注意ください。

現況届の提出する月

毎年8月

現況届の提出に必要な添付書類等

  • 印鑑、児童扶養手当証書、住民票謄本
  • 他の市区町村から転入してきたかたで、その年の1月1日に住所がなかった方は、所得証明書

なお上記以外にも必要に応じて提出する書類がありますので、詳しくは、町役場福祉課まで問い合わせてください。

お問い合わせ

住民福祉部福祉課

TEL: 0747-52-5501

FAX: 0747-52-4310

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


児童を対象に支給される手当(児童扶養手当)への別ルート

ページの先頭へ戻る