ページの先頭です

農業経営基盤の強化の促進に関する基本構想

[2022年5月16日]

大淀町では、農業経営基盤強化促進法第6条に基づき、「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」(以下「基本構想」という。)を定めています。

「基本構想」とは

「基本構想」とは、農業経営基盤強化促進法に基づき都道府県が策定する「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な方針」に即して、地域の実情を踏まえて市町村が独自に定めるもので、将来育成すべき農業経営の目標の設定と、その実現に向けての措置などを明らかにしたものです。

「基本構想」の内容

「基本構想」には、次の内容が示されています。

  • 農業経営基盤の強化の促進に関する目標
  • 農業経営の規模、生産方式、経営管理の方法、農業従事の態様等に関する営農の類型ごとの効率的かつ安定的な農業経営の指標
  • 農業経営の規模、生産方式、経営管理の方法、農業従事の態様等に関する営農の類型ごとの新たに農業経営を営もうとする青年等が目標とすべき農業経営の指標
  • 効率的かつ安定的な農業経営を営む者に対する農用地の利用の集積に関する目標その他農用地の利用関係の改善に関する事項
  • 農業経営基盤強化促進事業に関する次に掲げる事項

「基本構想」を見直しました

奈良県が策定する基本方針の見直し(令和3年7月)に合わせて、「基本構想」の見直しを行いました。






お問い合わせ

建設環境部建設産業課

TEL: 0747-52-5543

FAX: 0747-52-4310

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


農業経営基盤の強化の促進に関する基本構想への別ルート

ページの先頭へ戻る