ページの先頭です

新型コロナワクチンの接種情報

[2021年10月11日]

今後のコロナワクチン接種ついて

接種を希望される場合は、各病院(南奈良総合医療センター、吉野病院、五條病院)に直接電話予約してください。(※ただし、12歳から17歳の人は南奈良総合医療センターでの接種となります。)

個別接種について

接種時期および予約は、下記の医療機関およびかかりつけ医等へ直接問い合わせてください。

奈良県広域ワクチン接種について

奈良県が設置する広域ワクチン接種(新型コロナワクチン)についての情報が掲載されています。

詳しくは奈良県広域ワクチン接種特設ページ(奈良県ホームページ)(別ウインドウで開く)をご覧ください。

接種当日の持ち物

  • クーポン券
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証または学生証等)
  • 記入済みの予診票(当日の体温は記入しないでください。)
  • お薬手帳(基礎疾患のある人)


※「クーポン券」および「本人確認ができるもの」を忘れた人は接種ができません。

※クーポン券の「再発行」は接種当日の会場ではできません。紛失した際にはあらかじめ接種当日までに「再発行」の手続きを行ってください。

接種の際の注意点

接種前に注意すること

  • 基礎疾患等をお持ちの人は、接種の可否について、事前に主治医にご確認ください。 主治医の承認がないと受けることができません。
  • 現在、何らかの病気で治療中の人、薬や食品、過去の予防接種などで重いアレルギー症状を起こされた人、過去にけいれんをおこしたことがある人は、事前に主治医にご相談ください。
  • 抗凝固薬(血液をサラサラにする薬)を飲まれている人は、接種後出血すると止まりにくいことがあります。接種を受けるにあたり注意が必要となりますので、必ず予診の際、医師に伝えてください。
  • 接種前にご自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。
  • 肩の筋肉に注射しますので、肩を出しやすい服装でお越しください。

その他注意すること

  • 同封のクーポン券は、2回分の「接種券」や「予防接種済証」が1枚になっています。 切り離さず台紙ごとお持ちください。
  • 町外へ転出した際は、大淀町の接種券は使用できません。転入した先の市町村で再発行の手続きを行ってください。
  • 新型コロナワクチン以外のワクチン接種を受けたときは、2週間以上間隔をあける必要があります。ご注意ください。

ワクチン接種の接種回数と費用

ワクチン接種は、決められた間隔を開けて2回受けます。

※1回目と2回目の接種間隔、ワクチンの種類に注意してください。接種費用は無料です。

その他

基礎疾患のある人

基礎疾患をお持ちの人は、接種の可否について、事前に主治医にご確認ください。

主治医の承認がないと受けることができません。

1.以下の病気や状態の人で、通院または入院している人

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く)
  • インスリンやのみ薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

住民票がある場所(住所地)以外での接種について

 原則、ワクチン接種は住民票のある市町村(住所地)で受けることとなっていますが、以下のような場合は住所地以外でも受けることができます。

  • 入院中、入所中の医療機関や施設でワクチンを受ける人→医療機関や施設でご相談ください
  • 基礎疾患で治療中の医療機関(主治医)でワクチンを受ける人→医療機関でご相談ください
  • 実際のお住まいが大淀町と異なる人→実際にお住まいの地域でワクチンを受けられる場合があります。コロナワクチンナビ(別ウインドウで開く)でご確認いただくか、実際にお住まいの市町村の相談窓口に問い合わせてください。

※接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」では、ワクチン接種ができる医療機関を探すことができます。ただし、ワクチン接種の予約はできません。

ワクチンを受けるためにはご本人の同意が必要です

新型コロナウイルスワクチン接種は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種をうけていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

副反応について

主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。

また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシー(※)があります。接種後、気になる症状を認めた場合は、奈良県新型コロナワクチン副反応コールセンター(電話0120-919-003)などにご相談ください。

※アナフィラキシー→全身のじんましん、呼吸困難、血圧低下などショック状態に陥る症状。

予防接種健康被害救済制度について

接種後、重篤な副反応が起き、健康に被害が生じた場合、予防接種法に基づく救済が受けられます。

16歳以上に対するワクチン接種の情報

全国で新型コロナワクチンの接種が行われています。

現時点での、16歳以上の人のワクチン接種データについて現在わかっている情報・資料をまとめています。

ワクチン接種に便乗した詐欺行為等にご注意ください。

警視庁によると、保健所や自治体の職員を装い、「高齢者を対象にPCR検査とワクチン接種ができる予約金が必要だ」などとして、金銭を要求する電話が確認されています。行政機関等が新型コロナウイルスワクチン接種に関して、現金を要求することはありません。また、クーポン券をお送りするのに、電話やメール等で個人情報を求めることもありません。

  • 不審な電話やメールはすぐ切るか、無視してください。
  • 不審な電話や訪問がありましたら、すぐに110番または最寄りの警察署にご相談ください。

新型コロナウイルスワクチン窓口

厚生労働省にて新型コロナウイルスワクチンに関する問い合わせ・相談等を受け付けるコールセンターが開設されています。

電話番号 0120-761-770

対応時間 午前9時~午後9時(土曜日・日曜日・祝日も実施)


※新型コロナウイルスワクチンに関する詳しい情報については、下記をご参照ください。

(首相官邸ホームページ)新型コロナワクチンについて(別ウインドウで開く)
(厚生労働省ホームページ)新型コロナワクチンについて(別ウインドウで開く)
(奈良県疾病対策課ホームページ)新型コロナワクチンについて(別ウインドウで開く)






ページの先頭へ戻る